No.32 THAT'S ALL!!

勤務8年目に突入したスタッフMは、最近遅刻が目立ちます。
「Mさん、今度から1分遅刻したら千円引きますからね」
と突然宣言したその月、私はきっちり1万2千円を彼女の給料から引きましたが、
それでも凝りなしMは、今度は鍵を忘れてドアの前で右往左往しています。
「いい加減にしなさい!
 鍵を忘れた場合は1回につき1万円引きます!」
◆◆◆
患者さん 「先生、昨晩は一晩中痛くて眠れませんでした」
私     「ということは、一晩中私に会いたかったのですか?」
患者さん 「ハア~、まあ~」
私     「遠まわしに言わなくて、はっきりおっしゃってもいいんですよ」
患者さん 「...」
◆新しい義歯を装着した時の会話◆
「古い女房(旧義歯)は死んだと思ってください。
 
 今日から、あなたは新しい女(新義歯)と暮らすのです。
 若い女はわがままで大変でしょうが頑張ってみましょうね」
― 3日後 ―
「先生!痛くて仕方がありません。
 これじゃあ古女房の方がマシですよ」
「だから若い女は大変だといったでしょう。
 ちょっと調教(調整)しておきます。
 大丈夫、今に絶対新しい女の方が良くなりますよ」
― そして1ヵ月後 ―
「先生!何でも食べれるようになりました。
 やっぱり若い女はいいですね」
「でしょう?
 ところで古女房はどうしましたか?」
「捨てましたよ!!ワハハハハ...」
「なんのこっちゃあ...」
◆◆◆
『プラダを着た悪魔』という映画を観てきたスタッフが言いました。
「院長!絶対観てきてください。
 院長なら『白衣を着た悪魔』になれますから」
“THAT’S ALL !!”

  カテゴリ:デンタル小町

ページトップ