自力した歯科衛生士

ある日美しくて若い衛生士が突然「私を雇ってください」と当院に来ました。

理由を聞くと「先輩から、ちゃんとした衛生士になりたければ怖い女性歯科医の元で働くのが一番と言われたので、、」

その怖い女性歯科医で更に歯科衛生士の資格も持つ私は速攻で彼女を雇いました。

途中彼女の都合で当院を辞めていましたが、又舞い戻り、、いまでは私が理想とする「自力した歯科衛生士」になり、立派に世の歯科医師のお役に立っています。

隠れて見守る院長の私です。

 

  カテゴリ:銀座の天ババ

ページトップ