天ママStyle vol.44 冬になると

※ デンタルサポート・コムネット TOGETHERに連載中の
『天ママStyle』の内容をアップさせて頂いております。
********************************************
パソコンに電源を入れて、
神棚の榊と水と酒を替え、塩を盛り、拝礼し、
起動したパソコンのメールを見ることから、私の診療所での朝が始まります。
まず迷惑メールを消去して、友人からのメールに返事を書きながら、
面白そうなメールを探します。 と!!
『中国のランタン祭り』という文字が飛び込んできました。
開けると2月の中国のお正月、
美しく彩られた灯りの街と空に浮かぶランタンの図……
台湾にも『ランタン祭り』がありますが、
こちらの方が美しくてすごそうです。
(行かなくっちゃぁー!!)とすぐに申し込みましたが、
キャンセル待ちになりました。
暇な人が多いようですね。という私はなんなんだ……?!
いつもはバンコクなのですが、年末はハワイに行くことにしました。
更に来年のゴールデンウィークは地中海クルーズを予約したので、
10日間ほど連休にします。
えっ? え~っ………!!
若い頃(40~45歳の頃)1人ひとつの診療所で、
一体どのくらい稼げるものかと、一生懸命頑張った時期がありました。
その頃は患者もいっぱい来たもので、朝10時から夜8時まで、
倒れそうに働いて、自分としては最高額を出したと思ったら……
虚しさが勝ちました………
夜遅く疲れ切って帰り、娘に食事を作り、
片付け、朝、弁当を持たせ、掃除、洗濯、植木の手入れをしていたら
(男性よりも女性の方が働きながら生きていくことは大変です)
“余裕”というものが消えてしまい、働くことがつまらなくなりました。
つまり歯科医師とは頑張るほどに、疲れる仕事であり、
それも保険診療を中心にやっていたら、心と寿命を縮めてしまいます。
そこである時、1ヵ月に最大いくら稼がなければいけないのかと
逆算してみました。つまり必要最低額です。
仕事に関しては、給料、家賃、光熱費、材料代、技工料金、
借金返済、税金の積立、ボーナスの積立、わずかな予備費、
そして私自身に関してはローンの返済、娘の授業料、生命保険の掛け金、
食費、小遣い等々……
(これは大切なことです。やってみましょう)
そして、心を豊かにするために、いくら必要なのかと……
ところが最近は、働こうにも患者さんが減り、
必要最低額を稼ぎ出すことさえ大変になってきましたが、
おかげさまで、私の心は平穏です。
人生において何を大切にするか
何が大事で、何のために働くか
幸せって何だろう
豊かな人生って、どういうこと……
と自問自答の結果、一番楽しいことを見つけたからです。

今は、ブランド品とは縁を切り、ユニクロとZARAに夢中です。
納豆とヒジキと切干ダイコンがあれば、ごはんは何杯でも食べられます。
自宅から歩いて5分のところにマイカルシネマがあるので
映画は1,000円で観れますし、スカパーでも夜は一杯飲みながら楽しめます。
我が家のルーフバルコニーは、バラとオリーブがいっぱいで、
春夏秋冬、ファブリックを変えて、リゾートホテル並みに生活に変化をつけて、
愛犬と散歩し、時々泊まりに来る娘と笑って食事をし……
そして時々海外へ出かける……
こんな幸せがどこにあるでしょう?
賢くて健気に働く素敵なスタッフ達に恵まれて、
親孝行な娘と共に仕事が出来て、私は明日死んでも悔いはなく幸せですが、
念のため全員に、
「いいですか、私がもし狭心症で倒れても助けないで、
救急車を呼ばないでください。放置して、死なせてください」
と言い聞かせていますが、みんなは”あほな!!”という顔をしています。
でも、私は本気です。
冬になると、時々こんなことが頭をよぎるのです。

  カテゴリ:天Mama Style

ページトップ