カテゴリ: デンタル小町

No.32 いつか南の島で

時々、皆様から「読んでるよ!」とお声を掛けていただくのが何よりうれしく
大きな励みとして、この3年間勝手放題に、このコーナーで書いてまいりましたが、
とうとう今回が最後となりました。
さて先日、勉強熱心で、頑張り屋で、
睡眠時間が平均4~5時間という先生が訪ねて来られました。
彼は近々、分院を海外に出すそうです。
理由は
「最近の若い先生は(自分も若いのに)いまいちで、
 出来のいい奴はすぐ独立してしまう。
 ならば海外に分院を出す方が割り切れる。
 それに日本より医療水準も高く、
 いい歯科医もいっぱいいる。
 そして安い!
 いまに日本から団体で患者さんが観光旅行ついでに、
 歯科治療に海外へ出かける時代になりますよ!」
素晴らしい!
その発想はすごい!
私は海外は遊びに行くところだとばかり思っており、
実は先週、海外のリゾート地にコンドミニアムを購入しようと、
現地の不動産を訪ね、現地視察をしてきたばかりです。
つまり物件さえ買ってしまえば、
現在住んでいるマンションを他人に貸し、
その賃料で海外で十分に生活できると考えたのですが、
なんだかこんな老後的発想が少々恥ずかしくなりました。
私はまだ元気ですし、まだ働けます。
何はともあれ小さな口の中を大きな視野から改めてのぞいてみなければと思ったのです。
そしていつか、海外のリゾート地で太陽を浴びながら、
大好きなビキニを着て昼寝をし、
時々その上から白衣を羽織り治療している自分の姿を思い描いておきましょう
(相当無理なコジツケかも...)
なんて、最後の原稿もやっぱり変な結論になってしまいました。
宝田先生から、このコーナーを降りる時は、
私の再婚発表をする時と切望されていたのですが、
たった一人の再婚相手より、数倍も多くの方々に楽しんでいただけたことが、
何よりの喜びです。
本当にありがとうございました。
いつか南の島でお遭いいたしましょう!
「さよならだけが 人生さ!!」

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.33 歯医者冥利

年末、80歳前後のご婦人が来院されました。
彼女はある大学の口腔外科の処置で上顎の顎堤を失い、
そこの補綴科で常時開咬したままの、
訳の分からない義歯を3年間入れられ、
咬むことも、話すことも、歩くこともできなくなり、
痴呆症のようになってしまいました。
お金はいくらでも出すから、何とかしてほしいという娘さんにお尋ねすると、
なんとこのご婦人の実年齢は64歳でした。
”不可能”という言葉を知らない私でも、
さすがにお手上げで、
断っていただくつもりで高額を提示し、
その日はお帰り願いました。
ところが、翌日「ぜひお願いします!」と娘さんに全額完納されてしまったのです。
ラッキーな不幸が始まりました。
まず常時開咬状態(左右7番でロック)の義歯を完全修理、
リライニングして正常咬合にし、
娘さんの腕に抱かれていたお孫さんの持つ『カミカミおしゃぶり』で
咬む力を付けるよう指示しました。
当然口腔内はカラカラで、
義歯はガタ落ち、
下顎はスケートデンチャー状態でした...
そして2週間近くの冬休み明け、
その方は一人で歩いて診療室へ入って来られ、
聞き取り難いのですが、
「ありがとうございます」と言われ、
口の中に唾液が溢れていたのです!
私は感動で涙がこぼれそうでした。
と同時に「これで返金せずに済む!」とホッとしたのも事実です。
気の弱い私は、この方の機能回復に失敗した場合は返金するつもりでいたのですが、
この瞬間から、外見も実年齢に近づけてみよう!と
めっそうもない欲を持ってしまいました。
それから1ヶ月、最近の彼女は一人で食事ができるようになり、
はにかみながら笑顔を作り、
この3年間で20キロ痩せた身体が少々戻りつつあるのか、
顔色も良くなりました。
まだまだ数ヶ月以上、この方との付き合いは続くと思いますが、
こういうことが”歯医者冥利に尽きる”ということなのでしょうね。
私頑張ってます!
皆様も頑張ってください!
こんな自分を時々褒めてやりたいので、
たまには飲みに誘ってください!

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.32 THAT'S ALL!!

勤務8年目に突入したスタッフMは、最近遅刻が目立ちます。
「Mさん、今度から1分遅刻したら千円引きますからね」
と突然宣言したその月、私はきっちり1万2千円を彼女の給料から引きましたが、
それでも凝りなしMは、今度は鍵を忘れてドアの前で右往左往しています。
「いい加減にしなさい!
 鍵を忘れた場合は1回につき1万円引きます!」
◆◆◆
患者さん 「先生、昨晩は一晩中痛くて眠れませんでした」
私     「ということは、一晩中私に会いたかったのですか?」
患者さん 「ハア~、まあ~」
私     「遠まわしに言わなくて、はっきりおっしゃってもいいんですよ」
患者さん 「...」
◆新しい義歯を装着した時の会話◆
「古い女房(旧義歯)は死んだと思ってください。
 
 今日から、あなたは新しい女(新義歯)と暮らすのです。
 若い女はわがままで大変でしょうが頑張ってみましょうね」
― 3日後 ―
「先生!痛くて仕方がありません。
 これじゃあ古女房の方がマシですよ」
「だから若い女は大変だといったでしょう。
 ちょっと調教(調整)しておきます。
 大丈夫、今に絶対新しい女の方が良くなりますよ」
― そして1ヵ月後 ―
「先生!何でも食べれるようになりました。
 やっぱり若い女はいいですね」
「でしょう?
 ところで古女房はどうしましたか?」
「捨てましたよ!!ワハハハハ...」
「なんのこっちゃあ...」
◆◆◆
『プラダを着た悪魔』という映画を観てきたスタッフが言いました。
「院長!絶対観てきてください。
 院長なら『白衣を着た悪魔』になれますから」
“THAT’S ALL !!”

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.31 幸せならば... 

<60歳前半の女性>
「先生は何歳ですか?」
「どうして私の年齢が気になるのですか?」
「私の歯医者の選び方のこだわりです。
 まず第一は私より若いこと!
 次にセンスがいいこと!
 そして跡取りがいること!」
「それなら私はすべてクリアしておりますので大丈夫ですよ。」
「では安心してお願い致します。」
<60歳後半の女性>
「私はこの歯の治療が全部終わったら、人生をやり直したいと思っています。」
ご主人を亡くして、女手一つで2人の娘さんを育ててこられた女性が、
多額のお金を払いこう言われました。
私は身を引き締め、私なりに一生懸命治療をさせていただき、
最終日に心ばかりのプレゼントを用意して彼女に話しました。
「好きなように治療させてくださって本当にありがとうございました。
 おかげさまで納得のいく良い仕事をすることができたと思っております。
 どうかこれからの人生に自信を持って、15歳は若く生きてください。」
<50歳後半の男性>
10年ほど前の話です。
突然飛び込みで来院された患者さんでした。
3本歯を抜き、自費義歯を入れました。
治療が終わった日に、私はどうしても聞きたいことがあり、勇気を出してお聞きしました。
「どうして私に治療を任せる気になられたのですか?」
「それは今までのどの先生よりもはっきりとダメなものはダメと言われ、
 きちんと説明をしてくれたからです。」
この方は風貌も身なりもとてもインテリ風なので
他の先生方はビビッたのかもしれません。
「天井先生!!
 決してご自分の技術を安売りしないでください!!」
「ハイッ!!」
この言葉は当時の私にどれほどの自信と励みを与えてくれたことか...
治療費が高いか安いかは患者さんの判断してくださることです。
費用に対する治療の効果で、患者さんに
「安い!」と思っていただけたことは本当にうれしいことでした。
現在、せっかく銀座で開業しているというのに相変わらず安売りをしている私ですが、
そんなことよりも自分の仕事が患者さんの人生にかかわる仕事であることを常に自覚させられ、
何だかありがたい思いをさせていただいています。
ところで私の本当のトシですか?
いいじゃあないですか、幸せならば...

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.30 秋のから騒ぎ

秋の訪れが深まった軽井沢で、
今年も毎年恒例の「スタッフから騒ぎ大会」が決行されました。
土曜日に現地集合し、ボーリング大会後、
夕食の材料を各自で調達するため、一時解散します。
川魚を釣りに行く者、ソーセージを作るため腸詰屋に走る者、
バターやチーズやパン工房に行く者、デザート用のリンゴ狩りに行く者、
そして夕方には、これらの食材にプラスして、
現地で調達した新鮮な野菜やきのこがコテージの台所に並びます。
男性達がバーベキューの用意をし、女の子達は包丁を握り、
飲み物の栓を抜き、いつの間にかビールが飛び交っています。
私は総料理長として「豚の角煮」と「スペアリブ」を持参しましたが、
現地で更に「パエリア」を作りました。
ワインやカクテルがどんどん減り、宴もたけなわになると、
各自が2個ずつ持ち寄ったプレゼントの争奪ゲームが行われます。
しばらくして、運の良し悪しは抜きにして
全員が誰かのプレゼントを手にしながら、それを見せ合い、笑いあった後、
待ちに待ったメインイベントの始まりです。
これが実に大まじめで、大げさで、衣装や化粧を凝らして、
ずーっと以前から練習していた歌や踊りやマジックを披露します。
この大会には毎回患者さんや業者の方、私の友人を招待し、
これらの方々に審査委員を務めていただき、
私のポケットマネーで「優勝で賞」「がんばったで賞」「とんでもなかったで賞」、
ついでに「一日有給券」「院長との昼食券」「一日王様券」などが決められます。
今年はサッカーのロナウジーニョの扮装で踊った
分院・アップル歯科医院の5人組「アップルチーム」が優勝しました。
目のまわりを黒く塗り、前突の義歯を装着し、
(さすが、チーフが5人の歯型をとり、乱配で前突の義歯を昼休みに内緒で作ったそうです)
サッカーのユニフォームを着て、短パン姿で腰をフリフリ踊って踊って大騒ぎ...
ちなみに最下位は娘夫婦のバレバレネタの手品でした。
物は試しに来年は他院との対抗を考えています。
参加希望の診療所、またはスタッフの方のご連絡をお待ちしています。

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.29 怖い先生

常夏のハワイから昨日帰ってまいりました。
夏女の季節が終わり、そろそろ仕事モードに戻らなければなりません...
近頃よく「優しい先生」、「優しい治療」と言われますが、
思うに患者さんの「いいなり先生」、「いいなり治療」になってしまっている方が
おられるような気がいたします。
半年ほど前に他院で全顎ブリッジにしていただいたという患者さんが、
顔を半分腫らして来院されました。
レントゲンには、そのずーっと以前から抜かなければいけなかったであろう歯が3本ありました。
「どうして抜かなかったのですか?」
「私が抜かないでとお願いしたのです。」
「その他の選択肢は示されませんでしたか?」
「インプラントしかないと言われたのですが、恐いので断りました。」
「義歯については?」
「私がいやだと言いました。」
「???...」
確かに歯を抜く抜かないかは一大事ではあります。
しかし、診断と決定権は歯科医にあるはずなのに、
最近は患者さんが自分で判断し、決定するようです。
昔、恩師の河邊清治先生が、時々、ため息をつきながら言われていたことがあります。
「最も難しい治療は抜かなければならない歯の説明をすることであり、
 最も難しい症例は気難しくてわがままな患者さんである。」
私はいつも本音で患者さんに接しています。
ところがそれが度を越しているようで、
「あそこは腕は良いけど、恐い女の先生がいる」
と言われているようです。
しかし「恐いもの見たさ」で来られる患者さんも増えています。
私はそのような方には自信たっぷりにこう答えます。
「人間は、特に日本人は、あいまいな答えが大好きで、
 本当のことをはっきり言われるのが嫌いな民族なのです。
 特に良くないことはなおさらです。
 ですから、良かれ、悪かれ、本当のことしか言わない私を
 恐いと思われるのは仕方ありませんね...
 ところで、都合のよいことだけを説明いたしましょうか?
 それとも本音トーク?
 どちらにいたしましょう?」
ライオンヘアに、日焼けで真っ黒になった顔に笑顔をつくりながら、
こんな言い方で仕事をしている私は、
やっぱり本当に「恐い先生」なのかも知れません。

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.28 ポジティブシンキング ”感謝”

卒業して8年目。
その間いろいろな歯科医院で働いたというのに
あきれるほどの不出来な衛生士に近頃まいっています。
「バキューム!ライト!エアー!」
と、何回言ってもボーっと突っ立ってるだけ。
そのくせ
「こんなに厳しい所は初めてです」
と膨れっ面!
私も
「こんなに覚えの悪い衛生士は初めてだ!」
と言い返したいところを我慢して、さらにあれやこれやと指導するも
「私、努力するのが嫌いです。
 それに向上心もありませんから...」
ともたもうた。
即刻「クビだ!!」と叫びたい気持ちを飲み込み...
そうやすやすと辞めさせるものですか。
自分のことは棚に上げ「あーあ、うるさい先生だった」と
気安く言われてはたまったものではありません。
これも何かの縁なのです。
彼女を成長させることが私の試練なのかもしれません...
いつもながら人の使い方に疲れております。
娘夫婦が”ジェームス・スキナー”のセミナーに4日間参加して帰って来ました。
火の上を歩き、板を素手で割り、矢を首で折ったそうです。
人間やればなんだってできるということを学んだのでしょう。
それに酒、たばこをやめ、朝は果物のみで、
肉、魚を食せず、野菜中心の食事をし、
水を1日3リットル以上飲んでおり、端から見ていると、
ダイエットセミナーに行ってきたかのように思えますが、
本人たちは真面目に(素晴らしい人生)に感謝しているようなので、
しばらく成果を見守ることにいたしました。
マッ、何事も思い通りに行かない世の中ですが、
元気に、おいしく食事ができて、笑えることがあれば(幸せ)なのだと
自らに言い聞かせております。
「今日も元気で事故もなく治療を終えました。
 
 ありがとうございます。」
「スタッフも家族も犬も皆元気です。
 ありがとうございます。」
「今月も皆に給料が払えました。
 ありがとうございます。」
「あの方も、あの人も元気です。
 昨夜は楽しく飲みました。
 ありがとうございます。」
こうやってポジティブシンキングって言うんですか、
何事にも感謝すれば、きっといいことがありますよね。
夏らしい暑さに感謝して頑張ろうっと!!

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.27 3億円

前回『いい男』について書きましたので、
今回は『いい女』について書こうかと思いましたが、
なんだか私自身のことばかり書いてしまいそうで失礼かと思い、
思いとどまりましたのであしからず...
そんな自称『いい女』の私は、朝から晩まで、
時には夜の9時過ぎまで身を削るように歯を削り、
口という狭い世界に悪戦苦闘する日常の中で、
人生の目的とか、希望とか、夢って何だろうと考えてしまいます。
最近判明したのですが、私にとって一番楽しいこととは、
日本人の誰もいない外国の、とあるホテルのベランダで、
ホテル自家製のパンとチーズと紅茶と果物の朝食をとりながら、
「さあ、今日は何をしよう。どこへ行こう。」と考えることなのです。
(ああ、想像しただけで胸がワクワクしてきます)
そして、可能ならば、
そのままその地へ住み続けてしまうのです。
そのためには突然ですが『3億円の宝くじ』に当たらなければいけません。
「院長は既に運を使い果たしているので、今さら当たりませんよ。」
とイヤミなスタッフにひどい言われ方をしながらも毎回せっせと買いますが、
なかなか当たりません。
でも、もし当たったら1億円は娘夫婦にプレゼントし、
もう1億円はスイスの銀行に預けて、
最後の一億円を出し入れ自由な利殖のいい海外の銀行に入れておき、
3ヶ月ごとに国を変えて、いっぱい写真を撮り、絵を描き、料理を習い、
その国の人のように暮らすのです。
梅雨の長雨の中、娘がハワイの本を読みながら呟きました。
「あーあ、もうダメだ!
 ハワイへ行きたいと思うだけで、ストレスの塊になってしまう。
 いっそ、ハワイに住めばいいんだ!ハワイに住もう!」
アホな娘の横にいた私の頭の中には、
ハワイの蒼い海と白い砂浜が広がり、お約束のビキニ姿で、
「もう日本へ帰って口の中なんか診たくないゾー!
 歯を削る仕事なんて真っ平ゴメンだーい!」
と叫んでいました。

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.26 いい男

ちょい悪おやじ用の雑誌『レオン』が売れているというが、
そう言えば最近いい男が増えた。
テレビにも、昔の面影を残しつつ人生経験を積んで、
良いバランスで渋みと優しさを増したいい男が増えた。
同級生たちの中にも、頭に白いものがチラホラ出始めて、
それがかえって深みと色気を増すようで、若い時よりも間違いなくいい男が増えている。
話は変わり、巷の新聞ネタになる人たちは総じて人相が悪い。
さもありなんというずる賢くて、エロくて、嘘つきの顔をしている。
まるで生き方や、心の在りようが顔に出ているようで、ごまかしがきかない。
つまり、男は40歳を過ぎたら自分の顔は自分でつくらねばいけないことを自覚するべきだ。
私の個人的見解だが、昔二枚目でなかった人の方が、
年齢を重ねるごとにいい男になっているような気がする。
例えば、ドリフターズの長さんもその一人だった。
ついでに私の男の好みは、
「声が良くて、足が速くて、運転がうまい人」に、
「おシャレで面白い人」というのが加わった。
百歩譲って他の全部がハズレたとしても、
最後の「面白い人」というのは絶対はずせない重要なポイントである。
先日、同窓会に出席したら、
後輩たちが私の派手な穴あきパンツルック(ドルチェアンドガッバーナの男物のGパン)に
「カッコイイ!」を連発してくれた。
私は素直に嬉しくて今度彼らにステーキを奢ってあげようと思っている。
このように世の中にいい男とカッコイイ女が増えたら、もっと楽しくなるのになあ...
世の男性諸君、女たちは化粧せずとも美しくいい男にあこがれ、感心しているのである。

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

No.25 強気

あっという間に5月の連休が終わりました。
前半は年末で忙しくてできなかった大掃除をして、
いらないものの整理のため明治公園のフリーマーケットに出店したり、
今年初の恒例のビキニ姿(!)でバラの手入れをしました。
後半は、福井県のFM福井放送に出るため実家へ帰り、
その帰路、新緑の京都へ立ち寄り、同級生と食いしん坊巡りをしたりと、
大変満足度の高い連休を過ごし、
日本のこんなに美しい季節に長い休みがとれる幸せに浸っておりました。
さて、保険改正後の1ヶ月の結果が出ましたね。
毎月毎月の浮き沈みは世の常と、あまり気にしないようにしていますが、
治療以外の煩雑さとストレスに、どうしても先が暗く思えます。
私の友人に若手のとても頑張っている先生がおられます。
彼の今年の年賀状に一言、
「今年も強気で行きます!」
と書いてありました。
彼の男気あふれるさわやかな顔を思い出し、
なんだか胸の中にストンと落ちるものがありました。
「強気で行きます!」
「いいじゃあないですか、強気で行きましょう!」
最近の歯科医師仲間は弱音ばかり言っていますので、
彼の言葉がストレートに新鮮でした。
誰か飛び抜けて頭の良い人はいませんか?
歯科医師でなくても結構です。
これからの歯科界を斬新なアイデアで引っ張ってくれる人はいませんか?
日本人の選ぶリーダーのトップを織田信長と坂本竜馬が競い、
織田信長がトップになりました。
日本歯科医師会のリーダーは大久保先生です。
先生頑張ってください。
お願いいたします。

 カテゴリ:デンタル小町, 院長ブログ

ページトップ