カテゴリ: デンタル小町

No.24 クワバラ クワバラ

私は保険中心の診療所と自費専門の診療所の2軒を週半分ずつ診療しています。
両方とも来院される患者さんを毎回毎回衛生指導し、
義歯の調整も痛ければ何回でも来院されるよう促し、
保険では2年しか保障しない補綴物の説明をし、検査をし、また説明をし、
それがこれからはもっと細かいものにならなければならず、
何だか言い訳めいて、まるで歯科医師は信用されていないかのような気がするのは
私だけでしょうか?
私はずーっと以前から補綴は保険から外すべきだと思っています。
歯を失うと自費でしか補綴処置ができないとなると、
高い自費診療に危機感を抱いた患者さんは早めに来院されるようになり、
患者数は増すと思われます。
つまり現在の歯科の取り分として決まっているかのような診療報酬のすべてを、
外科やエンドや歯周病につぎ込むのです。
そうすれば30分以上はかかる衛生実地指導が80点などというばかげた点数にはならず、
衛生士はやる気を出し、今は100円単位の根治にも十分気合が入るというものです。
そしてめでたく保険診療が終わった後に、
持てる技術のすべてを振り絞ってインプラントや補綴を自費で入れていただくのです。
このようになれば、”とりあえず診療”は消滅し、
保険で潤い、自費で潤い、技術の高い技術士や先生方は繁盛されます。
以前、銀座の河邊清治先生の臨床教室へ通っていた頃、
「10年間は保険診療で患者さんに奉仕しなさい。
 その後は自費にしなさい。」
と言われたことがあります。
私は既に開業して20年経ちましたが、未だに自費だけでは食っていけません。
ある時、河邊診療所に保険の義歯を入れて欲しいという患者さんが来られました。
先生は試しに自費義歯と同じ作り方で作製し、保険料金をいただきましたが、
その患者さんは感謝するどころか、
「どうせ保険だから」
といつまでも文句を言い、我慢をすることをせず、
素晴らしい義歯であるにもかかわらず認めようとはしなかったのです。
しかし、最初から自費の患者さんは、
高価な義歯の元を取るためにまじめに通院され、立派に自分のものにされました。
どっちみちカリエスも歯周病も防げる病気なのに、
なにもかも保険で面倒を見るなんて甘すぎませんか?
一生なんでも咬めて、美しい入れ歯を保険内でカバーするなんて土台無理な話です。
24時間、365日、一日何万回も咬むものが、
週末に乗る自家用車より安いなんて矛盾です。
こんなことを言うと、また、誰かに叱られそうですね。
クワバラ...クワバラ...

 カテゴリ:デンタル小町

No.23 最近の私

節分が過ぎてから私の中の”世の中”がうまくいきません。
それに今年は年まわりが悪いとかで、よかれと思ってやっていることが、
全部裏目に出てしまいます。
せめて「厄払い」をと、先日日光の輪王寺の《星まつり》に行き、
そのついでに温泉につかりながらおぼろな山々を眺めてまいりました。
東京へ帰ってすぐ、昔の友人に以前から勧められていた占いの先生の所へ行きました。
「遠くを見つめすぎて、一人でアクセクしないで、
 
 じっくりと足元を見据えるようにしてください。
 6月頃から楽しくなりますよ。
 特に5月に今まで味わったことのないような想いをします。
 お楽しみに!」
今でも楽しいのに、もっと楽しいことがあるなんて何だろう!
と、このお言葉だけで私の目の前はパーッと明るくなりました。
ところがその週の終わりに、友人が疲れ果てて私の診療所にやって来ました。
話を聞くと、彼女の周りの人が突然入院だらけになったそうです。
そこで今度は晴明神社にお守りをいただきに、
そしてついでに西本願寺の近くのお店に念珠求めに、
彼女と一緒に京都に行きました。
という訳で、この10日間ほど、なんだか神社仏閣、
占いに縁深く過ごしてしまいましたが、これで気分一新です!
話は変わり、4月から保険請求が大きく変わります。
それもマイナーチェンジで、10円、20円の世界が哀しくなります。
配給米で生きられない人は、ヤミ米を食べろと言わんばかりで、
なんだか落ち穂拾いの感がいたします。
これからどうなるのでしょうか...
最近、私、俳句を始めました。
”鳴き竜の 鳴く音コロコロ 春浅し”
いかがかしら?

 カテゴリ:デンタル小町

No.22 ジョイフルクラブを終えて

2月4,5日の2日間にわたるジョイフルクラブが終わりました。
主催者であった私は、何もかも初めてのことで本当に疲れてしまいましたが、
心の中には豊かに、とても温かくなっております。
私たち歯科医療従事者は、仕事上『口』という小さな臓器と
数名のスタッフの狭間で働いております。
そして日々患者さんから受けるストレスで手いっぱいの状態の中、
経営的にも悩まなければなりません。
私個人としては、歯科医師という仕事は天職だと思って楽しく働いていますが、
時々、なぜかつらい思いをいたします。
そのような時、一国一城の主が故なのか、人間的至らなさなのか、
はたまた女であるためなのかと年甲斐もなく悩んでしまいます。
今回のジョイフルクラブが、これらの現状から何を救い、
助けたいというわけではありません。
が、少なくとも出席された方々は、出席される前よりは、
私と同じように心豊かになられていることを確信しております。
つまり、
・スタッフを叱るのをやめよう
・世の中には知らないことがいっぱいあるのだ
・愛にあふれる心が大切
・笑って過ごそう
私は、”井の中の蛙”である狭い歯科界に、今回、小さな穴を開けたつもりでいます。
ステキなかぎ穴であることを祈りながら...
ご講演された先生方、ご出席くださいました皆様、そしてご協力くださった業者の方々、
この紙面をお借りして心から深くお礼を申し上げます。
最後に出席者の方々のアンケートをご紹介させていただきます。
「歯科以外の講演があり、客観的に全体を見ることで、
 今後の歯科業界がどうあるか考えさせられました。
 とても楽しく実になりました。」
「2日間、時間が経つのを忘れました。
 もっと広く知られるべきですね!」
「歯科から離れたいろいろなお話、すべて大満足です。
 一つのテーマにとらわれず、多方面から自分を見直すことができ、
 良い機会となりました。
 一人参加でしたが、他の先生にも知り合え、楽しい時間を過ごしました。」
「仕事、人生に行き詰っていた時でしたので、少し考えを変えて、
 また明日からがんばっていこうと思いました。」
「内容の濃い企画で勉強になり、感動もしました。
 他の学会にはないミーティングだったと思います。
 次回の開催を楽しみにしています。」
「各界で活躍の先生方のパワーが感じられ、歯科医師として、
 人間として明日からポジティブに生きていきたいと思いました。」
「思ってた以上に、非常に良かったです。
 これからも歯科だけでなく幅広い話が聞きたいです。」
「ぜひ、続けてください!!」
ありがとう皆様、必ず続けます。
 ありがとう
  ありがとう
   チッチキチー!!

 カテゴリ:デンタル小町

No.21 新しいこと

今年の正月も例年の華やかな花火に祝福されて、
バンコクのオリエンタルホテルで迎えました。
いつもの叶姉妹ではなく、今回は11月の結婚式の出会いの時にお誘いした
ナベサダさんご夫妻と同宿でした。
ありがたいことに私の人生の友人がまた増えました。
新婚の娘達は今回は日本の新居で、年末のクリスマスイブの披露宴の疲れと、
久しぶりのデパート福袋戦争に疲れて、犬とのんびり過ごしたそうです。
実は、この二人の結婚生活は週末婚にするそうです。
忙しい私を気遣って、運転手兼秘書役の娘の思いやりなのでしょうが、
年が明けて自前の弁当を持って仕事に出てくるムコ殿を見ていると、
かわいそうな気がいたします。
しかし、娘曰く
「ママ、週末婚だって言うと、みんなが羨ましがるよ!」
ときたもんです。
親離れ、子離れのできていない母娘のムコ殿に私は心から同情いたしておりますが、
これが新しい結婚型なのだそうです。
当医院の歯科助手がチャレンジ精神に燃えて、今春から衛生士学校へ入学します。
一方、雪深い福井県(私の実家)から、ベテランの衛生士が
一目会った私にホレて押しかけ就職に出てきます。
新しい年なのです。
寒さ厳しい冬の真っ只中なのに少しずつ何かが動き始めています。
スタッフたちに「お年玉」を配りながら、一人ひとりの今年の抱負を聞き、
思わずほほ笑む新年から珍しく優しい院長の私でした。
2月4,5日『ジョイフルクラブ』が発足します。
全国的に寒くて悪条件の中ではありますが、熱い思いで乗り切りたいと思います。
男女を問わず多くの方々の参加をお願い申し上げます。
事前登録は今月の30日まで、お問い合わせは Tel:03-3947-8761

 カテゴリ:デンタル小町

No.20 忙しかった10日間

現在私は非常に疲れています。
理由はこの10日間の出来事を話せばご理解いただけるかも。
まず10日間前、私は娘の結婚式のためバンコクへ飛びました。
相手方のご両親、姉夫婦、スタッフ、友人達の添乗員になって、
現地ではサンデーマーケット、ルンピニ公園、寺院観光、夜のパッポン、
タイスキ、小泉首相も食べた海鮮料理のソンブーンと堪能していただき、
結婚式当日は誰よりも忙しく、勝手知ったるオリエンタルホテルの
地下から式場まで走り回り、てんてこ舞い...
そんな最中、あの渡辺貞夫さんご夫妻にお逢いしたので
(これが一流ホテルならではの出会いです)、
式への出席をお願いすると気安くオッケー。
1時間ほどの式後、シャンパンとケーキで乾杯し、
ついでにディナーにお誘いするとまたもオッケー。
川辺のガーデンでの総勢18人のディナーは、さながら映画の「ゴッドファーザー」のようで、
その上、ナベサダさんはプライベート旅行で楽器をお持ちではなったのに、
ホテル専属のミュージシャンから借りてまでフルートを演奏してくださいました。
圧巻は花火!!
私から2人へのプレゼントの花火はチャオプラヤ川に浮かぶ舟から
連打の打ち上げと2人の名前の仕掛け花火でした。
列席者曰く、まるで母親の”のろし火”のようだったそうです。
感動の翌日早く日本へ帰り、荷物を片付ける暇もなく2日後、
愛知県の沖島へ行きました。
私の離婚以来(28年前)預けてあった荷物を整理し、
娘の写真を探し出すためです。
その後、その友人が経営するレストランで夕食をいただき、
翌日は名古屋の親戚の幼なじみを訪ねて、将来外国へ逃げ出す相談をし、
”山本屋のみそ煮込みうどん”を食べた後、
「歯を守る会」と「湖北歯科臨床研究会」で、
「元気の出る審美補綴」の講演をさせていただくため滋賀県へ...
大好きな琵琶湖の湖畔のホテルでの講演後、
皆様の好意と優しさに感謝しつつ、新幹線に飛び乗り帰京...
10日目の月曜日の朝、ナベサダさんから蘭の花の寄せ植えバスケットが届きました。
フー...感謝、感謝、感動、感動...
人生って忙しいですね。

 カテゴリ:デンタル小町

No.19 仕事が楽しい(2)

昔から、歳をとると自分より若い人に向かって、
「最近の若い人たちは...」と小言を呈するものですが、
本当に最近は小言どころか大言にも何の反応もなく、
反対に逆ギレをされるのがオチです。
卒業して他大学の研修生となり、2年後、
当医院へ就職したO君は明るい好青年でした。
ある時、彼のやっている治療を私が横取りいたしました。
すると
「なぜやらせてくれないのですか?」
「あれ以上進めると失敗します」
「やってみなければわかりません」
「やって分かってどうするのですか?
 失敗ですよ。患者さんは実験台ではありません!」
「僕は親にも怒られたことがないのに、こんなに怒られたことは初めてです。
 
 辞めます」
「あめでたい人ね。はい!お辞めなさい」
鳴り物入りの紹介で来たB子の場合、
「一人生活なのでお金が必要です」
「何人生活でもお金は必要ですが、
 ところで3年目のあなたは何ができるのですか?」
「...とりあえず何もできません」
「この世界は働いてナンボ!!の世界ですヨ!」
とりあえずどころか、本当に何もできないB子は
それ以上に「働く」という観念がありません。
礼儀、常識もありません。
スタッフ全員から嫌われはじめました。
昔育てた後輩の一人が、ある時泣きながら言いました。
「先生、歯を削るって、身を削ることなのですね」
「あったりめぇヨ!やっと分かったかい!」
現在5年目の男の先生が言います。
「院長!僕は何度も自殺しそうになりました!」
「甘えるんじゃあないヨ、もっといじめてやる!!」
こんな私に時々患者さんが言ってくれます。
「先生長生きしてくださいね...」
私はいつも自信を持って次のように答えます。
「美人薄命を通り過ぎ、惜しまれる人は早死にするにも縁がなく、
 もう残っているのは『憎まれっ子、世にはばかる』しかありません。
 大丈夫です。
 
 私は長生きをしたいので、スタッフに憎まれながら生きております」
こんなことを診療室で叫ぶ私は、やっぱり仕事が楽しいのです。

 カテゴリ:デンタル小町

No.18 仕事が楽しい

虫歯だらけの方、重度の歯周病の方が困ったように来院されたとき、
「なぜこのようになるまで放置しておいたのですか?」
と尋ねる前に、
「さぞや痛かったことでしょう。お忙しかったのですね」
と労いの言葉を掛けるようにしています。
すると患者さんはホッとした顔をされ、心を開かれます。
と、通常はやさしい私なのですが、時々本音を言ってしまい、
我ながらハラハラする時があります。
先日の午前、前歯6本の軟象を除去していたら、
穴だらけのチーズ状態になりました。
「あ~あ、面倒くさいなあ~。どうしよう」
と言ってしまいました。
すると患者さんは申し訳なさそうに、
「すみません先生、どうすればいいのでしょうか?」
「すっきりと削って、もう絶対虫歯にならない白い歯を被せた方が簡単ですよ」
と答えると、
「じゃあその白い歯にしてください。ついでにとびっきり白くていいのでお願いします」
私はうれしくなって猫なで声で言いました。
「もっと早くご希望をうかがうべきでしたわ。
 私こそ、申し訳ございません。オホホホ...ホ」
ちょっと大変な上顎の智歯を抜歯中、その患者さんに
♂患 「先生、抜けた時はどんな感じがしますか?」
と聞かれました。
院長 「イッた!!って感じかな」
と答えると
♂患 「僕、イキたいです!」
するとスタッフも
スタ 「私も一緒にお願いします」
院長 「ではみんなでイキましょう」...
...
...
♂患 「...先生、まだですか?」
院長 「我慢、我慢」
♂患 「先生、イキたいです!」
院長 「男は我慢、我慢です!」
と突然智歯は抜け、勢いよく口腔内からポーンと飛び出しました。
そのタイミングの良さに思わずスタッフが言いました。
スタ 「さすが若いからよく飛び出しましたね」
院長 「バカ者!!仕事中に不謹慎です!」
と肩で笑いをこらえながら冷静に仕事を続ける私でした。
やっぱり仕事は楽しいです。

 カテゴリ:デンタル小町

No.17 ミイラ

働き始めて20年とほんのちょっと!
朝から晩までアクセクと狭い口の中をのぞき続けているうちに、
だんだん仕事がつまらなくなりました。
それでも働かなければ生きていけませんので、
歯を削るより身を削る思いで仕事をしています。
開業して、小さな家を手に入れて、借金に追われ、スタッフに逃げられ、
子供を育て、患者さんに気を使い、毎月、毎月、自転車操業...
これで人生終わりだなんてたまりません。
国語辞典と星座の本と世界地図は、小学生の頃からの私の愛読書でした。
そのためか、字を知らないクセに書くことが好きで、日本より外国が好きで、
開業祝に友人に「地球儀と大きな地図が欲しい」と言って、
「旅行業を始めるつもりか?」と聞かれたくらいです。
そして、夜空を見つめるのはもっと好きです。
でも最近の東京の空からは何も見えません...
大人になって、地図の上で空想した外国の地へ降り立った時は、
いつも感動でいっぱいです。
でも不思議なことに、どの国でも違和感なく過ごせる自分がいます。
いずれどこかの国の小さな部屋でミイラになっている私を見つけて
娘に「ママらしいわね」と言ってもらうのが、
今の私の人生の結末の夢です。
スタッフは、そういう私を察知してか、時々カレンダーをチェックします。
そして『ベトナム』とか『デリー』とかを見つけると、
「院長!!これは何ですか!!??」
「あのあの...行ってもいいですか?」
「 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工~」
来週から2週間ほど、FDIへ出席するためモントリオールへ行きます。
帰りにサンフランシスコとハワイへ寄ってきます。
娘が付いてきますので、ミイラになる暇がありません。
次回の土産話をお楽しみに...

 カテゴリ:デンタル小町

No.16 真夏の過ごし方

朝日が射し込む夏の早朝、起きるや否や、私はビキニの水着を身に着けます。
そして、バルコニーへ飛び出し、100鉢以上ある植木に水をやります。
以前、管理人に
「屋上で変な女が、裸で水を撒いているようですよ」
とイヤミを言われた時には
「大丈夫!ちゃんとビキニを着ていますから...」
と自信満々に答えたものです。
近くにマンションが建設中の時は、
私がバルコニーへ出ると「ヒューヒュー」と冷やかしの声が飛んできたのですが、
住人が住み始めると、どの窓も突然カーテンが引かれるようになりました。
日曜日は、そのまま植木の手入れに勤しみます。
時々、ポロリと胸が落ちますが、誰も見ていないので(?)平気です。
1時間ほどの水やりが終わると、ビキニのまま野菜ジュースを作り、
簡単な朝食を摂ります。
犬の散歩から帰り、サウナスーツで汗まみれの娘は、
シャワーを浴びてパンツ一枚です。
このように天気の良い朝はすごく気持ちがいいです。
休日は一日中ビキニのままで、ビールを飲みつつ日焼けをしたり、
ビデオを観て過ごします。
ただ宅配便の方が卒倒しないように、
玄関にバスローブを置いておくことがお約束ですが...
夏休みにどこへ行くあてもない方は遊びに来てください。
その節は必ずビキニか海水パンツをお忘れなく!
庭のミントをいっぱい入れた”モヒート”を作ってお待ちしています。
最後に見たくない白昼夢のお話を一つ!
ある夏、仕事の合間、ビルの屋上でビキニ姿の女が肌を焼き、
ホースで水を浴び、下へ降り治療をしていました。
すると風邪をひいたようにスースーと寒いのです。
「オーマイゴット!長白衣の下は裸じゃありませんか!」
私は下着を着けるのを忘れていました。
とほほ...

 カテゴリ:デンタル小町

No.15 怖い電磁波

今回は恐いこわいお話を致します。
私にも恐いものがあるかですって!
まあ、そう言わずに、是非お目通しをお願い致します。
高圧送電線や、電気製品から出る超低周波の電磁波が及ぶ環境では、
子どもの白血病の発生率が高いということをご存知ですか?
文部科学省では電磁波が通常の3倍の環境で生活する子どもは、
脳腫瘍の発症リスクが10倍であると発表しています。
英国では8歳未満の子どもは携帯電話を使用しないように
予防的対応を進めているそうです。
自宅のマンションの近くに携帯電話の中継基地局がある女性は、
急に体調を崩したり、突然頭痛がしたり、口や手が震えたり、
動悸が激しくて眠れない夜が続き、受診すると、
『パニック症状』と言われ悩み続けたそうです。
特に電子レンジやパソコンを使うとひどくなることに気付き、
現在は転居し、家電の使用も工夫をされ、落ち着いておられるそうです。
そう言えば、最近、街中で雀やツバメをあまり見かけなくなったことに
気付かれていますか?
小鳥は高レベルの電磁波汚染場に最も弱く、種が減少しているそうです。
種といえば、携帯電話から出る電磁波により、男性の生殖能力が損なわれ、
精子の数が少ないだけでなく、異常な動きをする精子が増え、
子宝に恵まれる可能性が減ってきているそうです。
さらに地下鉄は電磁波の渦です!
当然ながら私の診療所はもちろん、携帯電話にも、身体にも、
いつも電磁波から身を守るためのアイテム『テクノAO』をつけています。
たばこの害は最近やっと認められました。
それも専売公社が散々儲けた後の祭りでした。
携帯電話もパソコンも同じようですね。
皆様、どうか『電磁波』にお気をつけあそばせ!
<問い合わせ>
 株) テクノエーオーアジア
 Tel: 03-5275-3101
 HP: http://www.tecnoao-asia.com/
「日本歯科新聞を読んで...」と言ってくださいね。
割引があるかも...?

 カテゴリ:デンタル小町

ページトップ