カテゴリ: デンタル小町

No.14 きよみちゃん

先日、東京医科歯科大学教授の藤田紘一先生のお話を聞く機会がありました。
藤田先生は今注目の”カイチュウ博士”です。
世界のスーパーモデルのナオミ・キャンベルも
お腹に飼っているという回虫に興味があった私は、
もしかして痩せる話かも...と飛んで聞きに行きました。
結論から申し上げますと、先生のお話は本当に面白く、
会場は爆笑の渦に包まれました。
発展途上国の子どもたちにアトピーの子どもがいないように、
昔の日本には、アトピーやアレルギー、喘息持ちの子どもはいませんでした。
なんとそれは回虫のおかげだったようです。
つまり、回虫は宿主が死ぬと自分も死ぬことになるので、
宿主の身体にいい事をするのだそうです。
その一つがアレルギーの予防ということです...と、納得。
詳しくは藤田先生の書かれた本を読むしかないのですが、
逆転の発想のようなお話の中で、最も納得した結論を少しご紹介いたします。
『アトピーやアレルギーの子どもをつくらない環境』
一、子だくさんの家庭で育つこと 
  (一人っ子や長男、長女にアトピーの子どもが多いそうです)
二、定職を持たない親に育てられること
  (人生いいかげんを覚えましょう)
三、犬や猫と暮らすこと
  (犬や猫のフンに慣れて、抗体を作りましょう)
四、農家で育つこと
  (いつでも回虫を飼えます)
五、手や顔を洗わないこと
  (適度な不潔は過度の清潔よりマシです)
六、BCGを早くすませること
  (???)
そして、大人の私達としては、ポジティブに生きて、よく笑い、
野菜を多く食べて、肉は月に2回がいいそうです。
生活グッズのすべてが抗菌使用と言っても過言ではない現在、
藤田先生のお話は目からウロコでした。
”ホームレスにハゲはいますか?”
の言葉に象徴されるように、
清潔すぎは頭髪と身体に悪かったのです!
これからは汗のにおいをプンプンさせて生きる方が長生きできそうです。
ちなみに藤田先生のお腹には”きよみちゃん”という
名前が付けられた回虫が飼われていて、
月2回どころか、ご接待時には必ずステーキやシャブシャブを食べたがるそうです。
そのため藤田先生は不本意ながら”きよみちゃん”のために食べるそうです。
なんて...こういう虫のいいムシを私も飼ってみようかと思っています。

 カテゴリ:デンタル小町

No.13 うずらの卵

朝早く、娘の運転で診療所に向かっている時、
車道にジャマな車が駐車しているので、
徐行しながら進むと対面の車が止まりました。
すると、突然カラスに襲われたトリが逃げて来て、
目の前で戦いが始まりました。
「ワァー大変!」
カラスが狙いを定めて近くの木の枝に止まった瞬間、私は車から飛び出し、
逃げ惑うトリを両手で捕まえて助手席に戻りました。
私は一瞬の出来事だと思っていたのですが、
娘は茶パツのおばちゃんのトリ捕獲大作戦の様子があまりにおかしかったと、
笑いころげます。
そう言えば対向の車は長い列をつくっていました。
ところがなんと!
助けたトリはしばらくすると、私の膝の上、手の中で卵を産みました。
『こんなことアリ~!』
もしかしたら...
この色、この大きさ、このトリはウズラかも...
そしてこれはウズラの卵!!
都会の中でこんなことが起ころうとは、宝くじに当たるよりびっくり事件です。
《トリ年の春先にトリが舞い込むとは...こいつは春から縁起がいいワイ!!》
そうは言っても、最近縁起が良い割には、運の悪い私です。
私の得意とする義歯の患者さんが増えてはいますが、
それが、どれもこれも難しいのです。
すでに調整に3ヶ月もかかっている患者さんが数名おられます。
その方々が来られる日は朝から胃が痛みます。
あの手、この手もうまくいかず...、
そう言えば河邊先生が以前言っておられました。
“一番の難症例はわがままな患者である”
そうそう、それ、それ、それなのです。
つまり『わがまま』なのです。
チェアに座るなり手鏡を出し、昨日の食事から時間差説明が始まります。
ああ言えば、こう言い返され、こう言えば聞こえぬフリをされながら、
私は心の中で祈ります。
...神様、どうかこの方が少しは我慢を覚えますように
...それより何かがあってここへ来られなくなりますように
...それとも、どこか違う歯医者へ行ってもいいです
...お願いです...
50年あまりを生きてきて、一生懸命生きてきて、
いろいろあって、世にいう苦労もありましたが、
人生何が起こるかわかりません!!
突然『ウズラ』なのです。
なぜに『ウズラ』...
それも卵まで...
笑いをこらえて祈ります。
神様ついでにこのトリが金の卵を産みますように...

 カテゴリ:デンタル小町

No.12 師

私は短大で歯科衛生士の資格を取り、4年制大学で経済を学び、
卒業後油絵の勉強のためヨーロッパ一周の旅に出かけ、
そのままロンドンの語学学校に入り、インドを経由して帰国後、
結婚、出産、仕事、離婚をめまぐるしくすませ、30歳の時、歯学部へ入学しました。
卒業後、開業医として働く父の仕事ぶりを見て育った私は、
迷わず義歯の大家であり、
銀座で開業されていた河邊清治先生の「河邊臨床教室」の門を叩きました
(当時先生は73歳)。
初めて見学にうかがった日のことです。
訳も分からず棒立ちの私のおシリに突然河邊先生の手がピタリときたのです。
私は反射的にもう片方のおシリを差し出しました。
「おぬし、やるな!・・・・・」
世の中に出て初めての出会いが、仕事と人生の「師」であったことは
とても幸運なことでした。
今でも治療中、河邊先生のおしかりの言葉が聞こえてきます。
先日、暮れから年明けにかけて、桑田正博先生のセミナーに参加いたしました。
桑田先生からほとばしる情熱の熱さが胸に迫り、
心から感動の覚える授業で、もっと若くして門を叩くべきであったと
思わず後悔いたしました。
帰宅し、娘に覚めやらぬ感動を話したところ、
「ママ、その他に何を勉強したの?」
と、きたもんです。
私は命令しました。
「あなたには分からないわ。
それより、あなたも桑田先生の所へ勉強に行きなさい!」
娘は早速、今は廃盤となった桑田先生の本を
インターネットオークションでやっと手に入れました。
(しかも英語版)。
いつか、この本を抱えて現れる私の娘に先生は、
どのような言葉をかけてくださるのでしょうか・・・・・。
恐れ多くも楽しみです。
桑田先生、すばらしい講義を本当にありがとうございました。

 カテゴリ:デンタル小町

No.11 ブルータス、お前もか!

以前ある先生(男)と話をしている中で
「最近歯学生の4割が女性だそうですよ」
というと、即座に
「そう、そう、だから開業医が減っていいことなんだよ」
と言われました。
私は愕然として『ブルータス、お前もか!』の心境になりました。
私達二人姉妹の両親(父は東京医科歯科大卒)は、
私と妹を女だからという理由で叱ったり、
行動を制限したことは一度もありませんでした。
それより父は小学生の私を趣味の「鮎釣り」に同行させたり、
歯科医師会で行われるソフトボール大会に出場させ、
ライトを守らせたりと、性別の差をまったく感じることなく育ててくれました。
長じて私達姉妹が、一人前の開業医として頑張っておれるのも、
両親の教育のお陰だと感謝しております。
特に母は
「これからの女は手に職を持ちなさい。
 手に職さえ持っていれば好きな人生を生きれます」
と言い続けていましたが、今では
「あなた達二人を歯科医にして申し訳なかった。
 こんなに大変な仕事とは思わなかった・・・・」
と訳の分からないことを言い始めています。
とにもかくにも私達姉妹の頭の中には男女の比はありませんでした。
ところが世の中に出て働き始めると、世間の風は冷たく、
お陰さまで妹は太り、私は髪振り乱し、孤軍奮闘する日々となってはおりますが・・・・・。
3年程前、過去10年間の女性歯科医の動向を調べたことがあります。
その結果、女性として開業しているのは各学年2人弱でした。
女性は家庭を持ったり、諸事情で大変かと思いますが、子供による繋がりや、
ご近所のお付き合いの中で「歯」に対する啓蒙をしてみませんか。
地域に溶け込み、歯について草の根運動をすることが、
ご主人の診療所を繁栄させることになるかもしれませんよ。
せっかくの資格を生かしてみてください。
私の後輩が昨年離婚しました。彼女は今、生き生きと働いております。
「先生、私、働くことがこんなに楽しいとは思ってもいませんでした。
 いろいろありますが、今が一番楽しいです。
 何とかなるものですね。 今度、食事に誘ってください」
本当に良かった。
良かった・・・・・・。
ブルータス、君の失言は許さないぞ!!

 カテゴリ:デンタル小町

No.10 たくさんの夢がかないハッピーに

毎年の事ながら、新しい年の始まりは期待と緊張感を抱きます。
が、特に今年の私は気合が入り、なぜかウキウキ感まで加わり、
次のように「今年の抱負」を祈りました。
神様、仏様、御先祖様、今まで元気で過ごせましたことを心から感謝致します。
そして、今年は私にとってさらに特別な年でありますように・・・・・。
つまり、今年は宝くじが当たり、ささやかながら毎日おいしい食事にありつけて、
明るいだけが取りえのスタッフたちにもっとマシな取りえが増え、
年に3回以上は海外へ気晴らしに行き、一人娘が自立をし、
バカな愛犬が言うことをきくようになり、
その散歩の途中でちょっといい男にめぐり合ってドキドキしながらも、
実生活では患者さんの事で悩み、それでも意欲的に仕事をし、
新しい診療所はうまくいって、その上しっかり儲かりますように・・・・・。
そして最後に、誰からも好かれてはいないけれど、嫌われず、
1回しか逢っていないのに親友と言われ、一度も会っていないのに興味を持たれ、
ありがたいことには時々飲み会に誘われて、でもなぜかおごるハメになり、
そうした毎日の中で友達がいっぱいできて、
今まで以上に楽しい年になりますように・・・・・。
”人生いろいろ”なのはわかりますが、
どうか今年はいいことがいっぱいありますように・・・・・。
歯科界にも・・・・・。
もちろん私にも・・・・・。
そして「デンタル小町」の読者の方々にも・・・・・。

 カテゴリ:デンタル小町

No.09 おにぎり

銀座の私の診療所の患者さんで串揚げで有名な「はん亭」のご主人から聞いた話です。
ご主人の知り合いで、昔、その方のお宅に鍋、
釜持って串揚げを作りに行ったことがあるという陶芸家で、
明星大学の先生でもある高橋紘先生という方がおられます。
高橋先生は8年前から車いす状態でありながらも、
元気な右手で次々と力作を発表されており、
その上「陶芸の原点はごはん茶碗作りである」という信念の下、
毎年学生たちを連れて、米どころで名高い新潟の魚沼へ茶碗を焼きに行っておられます。
ところが、今年はその最中、あの新潟県中越地震が発生し、
各農家に民宿していた学生もろとも大災害に遭われました。
誰もが生まれて初めての経験で震えるさなか、
最も被害に遭ったはずの地元の方々は、
かき集めた”おにぎり”を一番最初に彼らに配り、
大学に帰すことに奔走したそうです。
コンビニの”おにぎり”しか知らない学生たちは、
本当の”おにぎり”のおいしさと農家の方々の温かさに感謝し、
涙したそうです。
はん亭のご主人にも同じような思いがあるようで、昔山口県の仙崎に引き上げて来て、
最初に食べた”おにぎり”の味が今でも忘れられず、
「やっぱり死ぬ時、最期に食べたいもの”おにぎり”だね」
とおっしゃいます。
現在私はご主人のその時(?)、いかにおいしく”おにぎり”を食べていただこうかと、
彼の入歯作りに苦労しております。
こうして、人の最期の欲を満足させるための仕事を持っていることは
幸せであるとともに、改めて身が引き締まる思いがいたします。
たかが”おにぎり” 
されど”おにぎり”ですね。

 カテゴリ:デンタル小町

No.08 いつまでもトライ!!

わが母校(北海道医療大学)の学生への講義の担当日が迫ってきました。
実は2年程前、学長と教授陣を囲む集いがあり、
たまたま私は学長の目の前に座ることとなりました。
学長曰く
「立派な歯科医師をつくるために、
 これからの教育を考えなくてはいけない」。
私はすかさず
「学長にとって立派な歯科医師とはどういうことでしょう。
 もし仮に立派な歯科医師ができあがったとしても、
 社会の中でも立派でおれるかどうか疑問です。
 現在、ほとんどの卒業生が時間の差こそあれ、いずれ社会に出て、開業します。
 問題は机の上の学問も大切ですが、
 それ以上に社会を生き抜く心構えではないでしょうか?
 私たちの大学もすでに20年、卒業生を輩出しています。
 その彼らに世の中に出て大変なこと、思いがけないこと等、
 生々しい人生話を学生に聞かせてはいかがでしょう。
 国家試験だけを目指す日々より、
 自分なりに問題意識を持って学生生活を送る日々の方が大切だと思います。
 大学からの深い教育と我々卒業生から贈る現場からのメッセージにより、 
 バランスのとれた立派な歯科医師が誕生するのではないかと思います・・・。」
すると学長の近くにおられた教授から助け舟が出され、
次の年から私はその卒業生の一人として講義をすることになりました。
初回の日の前夜、久しぶりに会った悪友たちと飲み過ぎて当日、
二日酔いの講義となり、何を話したか覚えておりませんでしたが、
それでも後日、全員からの感動の感想文をいただきました。
こんな私が言いたい放題の話をしに行くのです。
そりゃあ『ウブ』な学生は驚きますよね。
でも、それを「ヨシ!!』としてくださった学長や教授の方々の勇気ある決断に感謝しつつ、
今年はまじめに楽しい話をしようと思います。
今年の私の講義のテーマは
《いつでもトライ! いつまでもトライ!》
です。

 カテゴリ:デンタル小町

No.07 リーダーシップ

今年のFDI(国際歯科学連盟会議)はインドのデリーで開催されました。
日本よりさらに暑い国で行われた野外での開会式は、途中で抜け出す者続出で、
インドの歯科医師会の会長は両手をあげて
「出て行かないでくれ。今、飲み物が出ます」
と叫んでおられましたが、私は熱中症になりたくなかったので、そそくさと逃げ出しました。
さて、年ごとに立派になるFDIの「世界中の女性歯科医師の会」に今年も出席しました。
今回は『女性の健康』について各国の発表があり、
その後のディスカッションもなかなかの盛り上がりでしたが、
さらにその後、20人ほどで昼食をとりながらの二次会の席、
隣に座ったルワンダの女性歯科医師から聞いた話に最も興味がそそられました。
ルワンダは人口の35%がエイズ患者で、日常的にエイズ感染者の歯科治療をするそうです。
しかも35%とは表向きの数値で、本当はもっと高い率であるとのこと・・・。
このように実際の話を実体験として聞くことは、とても有意義なことでした。
この「世界中の女性歯科医師の会」を立ち上げたベルギーのミッシェルさんは、
来年FDI初の女性の会長になります。
彼女が3年前に立候補し落選した時、相手方に
「君は若くて美しい。それでいいじゃあないか?」
と言われたそうです。
この相手方の心からの誉め言葉、若しくは慰めの言葉に、
彼女とそれを聞いた女性歯科医師会の出席者全員は、大きなブーイングをしました。
昨年、再び立候補した彼女が1票差で、次期会長の座を射止めた時、
私たちは「ヤッター」と思わず選挙会場で立ち上がり祝福しました。
来年のテーマは
『リーダーシップ』 です。
最近の日本においては、そして日本歯科医師会においても、
この言葉は死語になりつつあります。
その『リーダーシップ』をテーマにFDIで女性が会長の時に、
女性たちによって討論されるなんて思うだけで痛快ではありませんか。
 
来年はカナダのモントリオールで開催されます。
「女性歯科医師の会」は男性歯科医師の方ももちろん入場可能です。
ぜひ多くの皆様が出席されますよう願います。
そして、一緒に『リーダーシップ』について討論してみませんか。

 カテゴリ:デンタル小町

No.06 自立

ある勉強会に出席しました。
席は指定で30代独身の女性歯科医とご主人が歯科医の40代の主婦と、
子持ち独身50代の私の3人が横並びという怖い席でした。
昼休み、こんな話になりました。
女医 「なかなか結婚する気にならなくて・・・・・」
私  「する気になったらすればいいのよ。
    気にしなくていいんじゃあない」
主婦 「そうですよ。うちも最近になってやっと楽になったんですよ。
    一時は離婚も考えましたわ」
二人 「エッ離婚!!どうしてですか?」
主婦 「主人が何もしなくて・・・・、私が経理をやっているんですが大変で・・・・
    それにスタッフがすぐに辞めちゃって・・・・・」
二人 「それって単にご主人があなたに甘えているということではないですか」
私  「よくあるパターンよ。
    結婚したからといって大人になれるわけではなく、
    幼児返りをしたご主人をあなたが支えていたということでしょう」
女医 「自立した男って少ないですよね。
    こうして働いていると共に暮らす男を見つけるのが難しいんです」
私  「もしかして見つけてもらえないとか・・・・・」
女医 「そうとも言える・・・・・・かも」
と言いたい放題の私たちに主婦は黙ってしまいました。
・・・・恐い・・・・コワイ・・・・会話ですね。
以前、当医院でバリバリ働いていた女性歯科医がおりました。
第一子を出産した時は3ヶ月休んだだけで仕事に復帰しました。
第二子の時は少し弱気になったのか、なかなか復帰せず10ヶ月近く経った頃、
突然泣きながら診療所に現れ、私に抱きつきました。
話を聞くと、
「主人の実家で暮らしているが、もう我慢できない。
 彼の両親が子供の面倒だけではなく、食事もお風呂も、
 
 そして息子である主人の世話までし過ぎてくれるために、
 かえって息がつまりそう・・・・。
 かと言って自分一人で全部できるかどうか、それも自信がない。
 それでも仕事には復帰してみたいと言ってみたら、主人は嫌がし・・・・」
私はすぐにその実家から出て、彼と子どもたちだけで生活をするように説得をし、彼女を預かりました。
可哀想に彼女は神経科でもらった薬を飲んでいましたが、3日ほどすると泣く泣く帰って行きました。
そのまま仕事には復帰せず、彼女の現状が変わったとも聞こえず、3年が過ぎてしまいました。
もったいないなあ~、と思います。

 カテゴリ:デンタル小町

No.05 本音トーク

『先生、とりあえずお願いします』
「とりあえず何をされたいのですか?」
『とりあえず痛みを取って欲しいのです』
「それはどのくらいですか? とりあえずでいいんですね」
私は「とりあえず」の治療をどう考えていいのか、いつも悩むというより腹が立ちます。
同じように「一生持ちますか?」という問いかけにも困ります。
この場合は
「もちろん一生持ちますよ。
 
 私の作った入れ歯や、かぶせものですから。
 
 でもあなた様のお身体が持つか持たないかが心配です。
 
 ところで、あなた様の言う一生とはあと何年くらいのことでしょう。
 
 それによって保障期間を決めさせていただきます。
 
 いかがいたしましょう」
このように言いたいことも言えず(?)、我慢の治療には限界があります。
これだけ手よりも神経を使い、気を使って治療するのですから、
される側はもっとお金を使ってくださいと思いませんか?
それにしても保険治療は変ですね。
新米先生のヘタな形成も、ある先生の誰が見てもため息ものの形成も
同じ点数なんて、納得がいきません。
それにやっと慣れた頃には内容が変わり、面倒くさくなって、
これじゃあ治療よりも点数のとり方の方が難しいです。
理解できない先生は引退しろと言わんばかりです。
保険治療に助けられている私としては大きい声で言えませんが。
「補綴はホケンから外しましょう!」
最近、暇なのと歯科技工士に「ウマイ!」と言わせたいので
形成の勉強を改めて始めようと思います。
何事も腕と自信がないと大きいことは言えません。
それにしても世の中セチガライですね。
特に強い女には世間の風は厳しいです。
本当はかよわくて、優しい女なのに・・・・・
なんて当たり前のことを言うのはやめましょう。
そう言えば前々回の”バーゲンセール”の期日が迫っています。
  
まだ余裕がございますので、ふるっての御応募お待ちしております。

 カテゴリ:デンタル小町

ページトップ